売上の支援先について

当ショップの商品売上は100%!保護うさぎたちの医療費支援金となります。誰かの勇気でつながった命が幸せへつながるように、まずは当ショップのお買いもので保護うさぎの医療費支援にご協力ください。2016年10月19日改定)


支援先(その1)

沖縄で保護され関東を拠点に里親さん探しを行っていた、通称「沖縄うさぎ」をメインの支援先としています。

「沖縄うさぎ」は2014年2月末をもって大々的な里親募集活動そして支援募集活動を終了しました。

現在もたった一人の女性が6匹のうさぎのお世話と介護を行っています。保護されたうさぎから生まれた子もついに8歳を迎え、全体的な高齢化に伴い様々な疾患がでてきているため、恒常的に医療費がかなり多くかかるようになってきました。痛くない様、苦しくない様、できる限りの治療をうけさせてあげられるように、これからも引き続き医療費支援を行っていきます。

【関連リンク】これまでの活動内容と現在の状況については
「沖縄うさぎ情報ブログ うさボラ」http://usavol.blog.fc2.com/をご参照ください。


支援先(その2)活動終了に伴い寄付を終了しました。(2015.9.30記)

2014年5月に都内の公園に大量遺棄された子たち、通称「東京保護うさぎ」さんにも少額ですが支援金を送らせていただいています。

「東京保護うさぎをサポートするページ(公式)」http://usagidamashii.jimdo.com/


支援先(その3)現在支援金の受付を停止されています。(2016.9.2記)

三重県のお寺で飼育されているうさぎ達の環境改善と里親募集に、2015年6月、ボランティアさんが立ち上がりました。主に活動されている方々はこれまで多くのうさぎの保護を個人で行ってきた方です。今後長く支援を行っていきたいと思います。

ブログ「だるまうさぎレスキュー」http://ameblo.jp/darumausagi/


支援先(その4)

だるまうさぎの保護活動メンバーが2016年6月に多頭保護現場より4匹(魔女っ子)、7月に関西より21匹のうさぎ(KKU)そして9月にさらに10匹(岐阜っ子) を保護しました。寺っ子に引き続き支援を行っていきます。

だるまうさぎレスキュー別館HP http://kku-mj.usagirescue.com/

カートの中身

カートに商品は入っていません

お問い合わせフォーム